刈り上げスタイルに欠かせないバリカン

バリカンは、髪の毛を刈り上げるときに使う理容器具です。

あなたのご要望に応じたバリカンの優良サイトならこちらで見つかります。

日本では明治時代、散髪脱刀令が広告され、それまでのちょんまげからヘアスタイルの自由化が進んだことや、衛生上の問題で兵士の丸刈りに使われたことで普及しました。名前の由来は日本に入ってきた当時、本体に刻印されていたフランスの製作所の名称が誤って広まったと言われており、正式名称は英語でヘアクリッパー、フランス語でトンズーズですが、日本では現在でもバリカンと呼ばれます。



男性がヘアスタイルを刈り上げにするときに多く使用されるバリカンは、古くは山形の2枚の刃を往復させる手動式でしたが、現在では家庭で使用できる電動式も多く出回っており、アタッチメントを付け替えることで頭髪の長さを調節できる便利な理容器具として人気です。
ホームセンターや電気量販店に行くと各メーカーのさまざまなバリカンが販売されていますが、素人でも簡単に使用できることから、丸刈りやスキンヘッドの人が常に長さを一定に保つのに重宝します。調整できる毛髪の長さは、1mm・3mm・5mmが主流ですが、最近ではさらに細かい調整ができるアタッチメントが付いた商品もあるので、部分的に長さを変えたり、模様を入れたりとヘアスタイルを楽しむことも可能です。水洗いができるバリカンはお手入れも簡単です。

わざわざ理容院に出向く必要がなく、子供や夫の散髪を自宅ですませることができるので散髪代の節約にもなります。