バリカンは今も昔も便利な道具

バリカンは明治16年に、フランス駐在の外交官だった長田桂太郎氏が初めて日本へ持ち込みました。

バリカンを手軽に利用してみませんか?

名前の由来はフランスの製作会社名からきています。



フランス語ではトンズーズ、英語ではヘア・クリッパーズと呼ばれます。



バリカンは昔、山形の2枚の刃を手動で左右に往復させて、毛髪を切る理容器具として多く使われていました。

その後、小型・軽量化の改良が加えられ、現在の形の電動式が開発され便利に使いかってが良くなりました。

最近ジワジワと自宅でできるバリカンによるセルフカットがブーム化しています。


自分で髪を切る髪の毛版DIYのコツ、切り方、注意点をまとめたサイトが非常に人気化しています。


バリカンの人気商品ランキング、口コミ、レビューも多数あり、ランキングや今売れている商品や話題の最新トレンドをリアルタイムにチェックが可能です。


価格別、年代別、男女別の週間・月間でまで確認できます。

昔はバリカンで、セルフカットをするといっても髪型は坊主にするばかりでしたが、現在は対応でできる髪型のバリエーションが多数あります。

セルフカットで失敗しないために気を付けること、お手入れから、おすすめの商品紹介まで揃っています。

それらのレビューやクチコミを参考にして機能面や付属品、メンテナンス、充電といった使い勝手を十分吟味して、少しでもより良い商品を購入してください。

それらでセルフカットを行なって、趣味と実益のバリライフを楽しんでください。